「超流通産業」として明日を拓く J-NET

お問い合わせ

タブメニュー リテールサポート事業 サプライチェーンマネジメント事業

「超流通産業」を実現する各事業分野

サプライチェーンマネジメント事業

中間流通業を超えたJ-NETは、全国の物流拠点において、「最新のシステム導入」を積極的に進め、流通の最適化・効率化を追求しています。
これにより、小売店舗一店ごとにきめの細かな物流サービスをご提供します。

J-NETの大規模物流センター網

高槻物流センター
▶高槻物流センター
最新の物流機器とシステムの導入でスピーディかつスムーズな物流体制を構築している西日本エリアの重要拠点です。
九州物流センター
▶九州物流センター
自社・グループ会社の卸機能だけでなくメーカーや得意先からの物流委託機能も有する物流センター。
延床面積37,810m2の建屋と約24万個のダンボールケースを入出荷できるパレット自動倉庫をはじめとする各種物流合理化設備を有する国内最大級の物流センターです。
注文に応じて搬送先別に仕分け、出荷する合理化機能を有し、受注から出荷までのリードタイムの短縮および省力化を実現しています。

多種多様な物流ニーズに対応するために

物流を担当している私たちの最大のテーマは『小売店様が必要とされる日に、必要とされる数の商品を安定してお届けすること』です。
このようなタイムリーな商品供給に加え、徹底した自動化によるコスト削減、より作業のしやすい環境づくりなどの課題に対し、関連部署との連携をとりながら、日々業務の見直しと改善を行っております。これらの課題解決のためには、各物流センターの情報を集め、問題点をきちんと把握しておくことが必要。
データ分析・現場検証を行い、よりレベルの高い物流をめざしています。
©2011 J-NET CO.LTD.